アプローチ/メジャメント


当項目のサイトマップは右記サイドバーを参照してください。


 オリジナル・アプローチ 

成果に直結する業務(基本機能業務)比率の向上を高め、モチベーションの向上を図る。


デザインは効率化を図る考え方であり、何かをシンプルにする。必然的に、デザインはユーザーの動きを簡単にする力を秘めている。


競争優位性は、処理業務ではなく、管理業務でもなく、思考業務にこそ潜んでいる。


測ることは、長さ、距離、深さ、面積などを知ることであり、その事情や状況や知識などをわかって、自分のものにすることである。決して計ることではない。


 メジャメント・テクノロジー(一部) 

process面の効果測定技術
実益(real profit)につながる、機会利益(opportunity profit)の創出を行う。


performance面の効果測定技術
競争優位に繋がるオリジナルなKPIを創造し、努力によって高めるKPIの生産性向上を測る。


utilization面の効果測定技術
社員がより一生懸命働くから実効性の高い経済効果を得られるのではない。よりスマートに働くから高い経済効果を得られるのである。ワークスマートによる生産性向上を測る。