実績


当項目のサイトマップは右記サイドバーを参照してください。


 2017年度 

  1. 2017;『RPAによる経営資源の最適化とその先にある未来~RPAによる経営資源の最適化はゴールでなくプロローグである。ではその先にある理想とする就業業態とはなにか~』(株式会社パソナ)
  2. 2017;『第1回RPA効果最大化のための生産性向上講座』(一般社団法人 日本RPA協会)
  3. 2017;『オフィスの業務改革効果を劇的に向上させる業務分析手法 -統計的手法を用いて行動を測定し、効果を最大化させる-(第2回)』(一般社団法人 日本情報システム・ユーザー協会)
  4. 2017;『インサイドセールスを次のステージに導く「インサイト(Insight)営業」のアプローチとは? インサイドセールスの知的生産性を向上させる指標と測定』(株式会社サンブリッジ)
  5. 2017;『知的資本を高める働き方改革 WIIP:Work Innovation to Intellectual Power(知的生産性向上と働き方改革)』(株式会社パソナ)
  6. 2017;『RPAのあらゆる悩みの解決を目的とした「RPA成功化スクール」プレ公開! 対談 大石純司(CEO:RPAエンジニアリング)×坂本裕司(CEO:エイチ・ピィ・ピィ・ティ)』(一般社団法人 日本RPA協会)
  7. 2017;『ホワイトカラーの時間生産性向上とモチベーションアップを両立させる「経営戦略の実現に向けた要員計画の考え方」セミナー(第1回)』(一般社団法人 日本能率協会)
  8. 2017;『営業からマーケティングへの知の循環が導き出す持続的競争優位性 マーケティングオートメーション時代における営業のあるべき姿「インサイト営業(Insight Sales)」とは?』(株式会社サンブリッジ)
  9. 2017;『オフィスの業務改革効果を劇的に向上させる業務分析手法 -統計的手法を用いて行動を測定し、効果を最大化させる-(第1回)』(一般社団法人 日本情報システム・ユーザー協会

 2016年度 

  1. 2016;『ホワイトカラーの時間生産性向上とモチベーションアップを両立させる「経営戦略の実現に向けた要員計画の考え方」セミナー(第2回)』(一般社団法人 日本能率協会)
  2. 『企業の生産性を高め、創造的業務をデザインして持続可能性を高めるセミナー』(株式会社プロスタンダード)
  3. 2016;『ホワイトカラーの生産性を劇的に向上するBPRの原理原則と時間測定アプリ』(一般社団法人 ICT経営パートナーズ協会)
  4. 2016;『システム開発部門の生産性向上を実現する 2つの具体策』(株式会社サピエンス・ジャパン)
  5. 2016;『~行動・事実を測定し、成果をデザインする~創造的組織・創造的働き方セミナー』(一般社団法人 日本能率協会)
  6. 2016;『ホワイトカラーの時間生産性向上とモチベーションアップを両立させる「経営戦略の実現に向けた要員計画の考え方」セミナー(第1回)』(一般社団法人 日本能率協会)
  7. 2016;『~統計的手法から行動を『測定管理』し、成果を最大化する~「モニタリング マネジメント」セミナー』(一般社団法人 日本能率協会)
  8. 2016;『~事業部門を支援し、ホワイトカラーの生産性を定量的に向上させる「これからの人事部門の役割」~「モニタリング マネジメント」実践講座』(一般社団法人 日本能率協会)
  9. 2016;『人的埋蔵資産発掘と効果的活用 ~人の行動を科学的に変える!~』(一般社団法人 高度情報技術活用コンソーシアム)
  10. 2016;『創造的組織へのステップ ~メンバーの興味関心を知り、行動実態を測り、業務をデザインする~』(一般社団法人 日本能率協会)
  11. 2016;『PMBOKの実装に悩んだ方へ プロジェクトの生産性を効率面と効果面からマネジメントするメソッドのエッセンスをご紹介』(株式会社サピエンス・ジャパン)

 2015年度 

  1. 2015;『ホワイトカラーの時間生産性向上とモチベーションアップを両立させる「経営戦略の実現に向けた要員計画の考え方」セミナー』(一般社団法人 日本能率協会)
  2. 2015;『行動を科学すると会社が成長する』(国内大手商社)
  3. 2015;『高エンゲージメント組織の要員計画のあり方 営業、研究開発等ナレッジワーカーの生産性測定と劇的向上』(EYアドバイザリー株式会社/株式会社エイチ・ピィ・ピィ・ティ)
  4. 2015;『生産性向上から業務計画へ』(株式会社サピエンス・ジャパン)

 2014年度 

  1. 2014;『目標必達のためのマネジメント強化講座』(独立行政法人 中小企業基盤整備機構)
  2. 2014;『ホワイトカラーの時間生産性向上に向けた「新しい要員計画の考え方」セミナー』(一般社団法人 日本能率協会)
  3. 2014;『多様な人材活用に向けた「機会利益」の創出 ~人件費に含まれる「埋蔵金」の発掘と活用~』(株式会社エイチ・ピィ・ピィ・ティ/EYアドバイザリー株式会社)
  4. 2014;『投資「ゼロ」で収益性を飛躍的にアップする方法 ~質的競争力向上に向けた経営内部資源の活かし方~』(株式会社エイチ・ピィ・ピィ・ティ/株式会社インテリジェンスビジネスソリューションズ)
  5. 2014;『第03回;見える化の限界と測る化への挑戦;営業組織(ナレッジワーカー)の生産性向上を目的に導入した、CRM/SFA定着化のためのマネジメント手法』(株式会社エイチ・ピィ・ピィ・ティ/株式会社インテリジェンスビジネスソリューションズ)
  6. 2014;『第02回;見える化の限界と測る化への挑戦;営業組織(ナレッジワーカー)の生産性向上を目的に導入した、CRM/SFA定着化のためのマネジメント手法』(株式会社エイチ・ピィ・ピィ・ティ/株式会社BPOソリューションズ/株式会社インテリジェンスビジネスソリューションズ)
  7. 2014;『人材育成座談会第5回;ヒトの行動を科学的に変える』(株式会社データ総研)

 2013年度 

  1. 2013;『第01回;見える化の限界と測る化への挑戦;営業組織(ナレッジワーカー)の生産性向上を目的に導入した、CRM/SFA定着化のためのマネジメント手法』(株式会社エイチ・ピィ・ピィ・ティ/株式会社BPOソリューションズ/株式会社インテリジェンスビジネスソリューションズ)
  2. 2013;『成功に導くプロジェクト・マネジメント』(独立行政法人 中小企業基盤整備機構)
  3. 2013;『CRM/SFA定着化のためのマネジメント手法;外部効果の“見える化”から内部努力の“測る化”へ』(日本OAUG;Oracle Applications Users Group)
  4. 2013;『これからの情報システム部門に必要とされるマネジメントアプローチ』(伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)
  5. 2013;『今IT部門に求められている生き残りの条件は?』~PMBOKの実装に悩んだ人が、マネジメントエッセンスを学ぶセミナ~(CA Technologies)

 2012年度 

  1. 2012;『Oracle Apps導入価値を取り戻す“測る化”とは』(日本OAUG;Oracle Applications Users Group)
  2. 2012;『成功に導くプロジェクト・マネジメント』(独立行政法人 中小企業基盤整備機構)
  3. 2012;『考える営業組織のつくり方』(株式会社マーケティング研究協会)
  4. 2012;『考える営業組織の作り方』(四国生産性本部)

 2011年度 

  1. 2011;『11月開催;考える営業組織のつくり方』(株式会社マーケティング研究協会)
  2. 2011;『成功に導くプロジェクト・マネジメント』(独立行政法人 中小企業基盤整備機構)
  3. 2011;『05月開催;考える営業組織のつくり方』(株式会社マーケティング研究協会)
  4. 2011;『営業部門性生産性向上に関する基礎と測定』(日本オラクル株式会社 アプリケーション事業統括本部 CRM On Demand本部共催)
  5. 2011;『Productivity Improvement;経営の内部努力を見える化する』(日本マイクロソフト株式会社)

 ~2010年度 

  1. 2010;『生産性向上に関するセミナー』(ネットワンシステムズ株式会社)
  2. 2010;『リーダーのためのプロジェクト・マネジメント』(独立行政法人 中小企業基盤整備機構)
  3. 2010;『ワークスタイルの変革;管理間接部門・スタッフ業務等にITを適用すべき優先順位はどこか?』(日新電機株式会社主催)
  4. 2009;『営業組織のコスト削減と営業生産性の測定』(株式会社マーケティング研究協会)
  5. 2009;『リーダーのためのプロジェクト・マネジメント』(独立行政法人 中小企業基盤整備機構)
  6. 2009;『Time Capital Management &週間業務計画表』(日本オラクル株式会社)
  7. 2008;『生産性向上の目的』(オムロン・パーソネル株式会社)
  8. 2008;『リーダーのためのプロジェクト・マネジメント』(独立行政法人 中小企業基盤整備機構)
  9. 2007;『リーダーのためのプロジェクト・マネジメント』(独立行政法人 中小企業基盤整備機構)
  10. 2007;『これからの日本企業の命運は、ホワイトカラー(知識労働従事者)の生産性にかかっている』(ライカカメラジャパン株式会社)
  11. 2007;『知識社会における企業タレントの生産性向上』(日本オラクル株式会社共催・東洋経済新報社協賛)
  12. 2006;『リーダーのための仕事術』(独立行政法人 中小企業基盤整備機構)
  13. 2006;『Career Development & Business Leader』(日本オラクル株式会社)
  14. 2006;『7 Principle of Project Management』(ISPI Annual Conference;US)
  15. 2005;『リーダーのための仕事術』(独立行政法人 中小企業基盤整備機構)
  16. 2005;『PDC;process design concept』(ISPI Annual Conference;US)
  17. 2004;『PID;performance improvement department』(ISPI Annual Conference;US)
  18. 2003;『RIIP;recognition, intervention, improvement and performance model』(ISPI Annual Conference;US)
  19. 2002;『組織マネジメントとパフォーマンス向上の仕組み』(株式会社マーケティング研究協会)